本文へ移動

子育て支援megomego

子育て支援への想い


子どもの成長を共に喜び合い、発達の過程を伝え合うことで、
保護者の方々と子育ての楽しさを共有していきたいと思います。 
子育て支援のページが、 日々の子育てのヒントや
より良い未来への架け橋となりますように。

2022年度 子育て支援 megomego イベントのお知らせ

※ イベント内容が変更となる場合がありますので、気になるイベントがありましたら園までご連絡をお願いします。

2022年度 megomegoイベントお知らせ

子育て相談

 
 ●月・水・土 オープンスペース(園・園庭開放)
  午前 10:00~11:30(11:10頃までは園児と一緒に遊びの交流が出来ます)
  午後13:00~15:00 (午睡の時間帯ですがホールや園庭の遊具などで自由に遊べます)
 ●育児相談 平日 8:00~17:00
   随時 相談受付中 ℡0173-42-6200
   ●月1~2回 イベント開催(詳細は“今月のmego megoイベント”をご覧ください)
 ●一時預かり保育をご希望される方は、予めお問合せ下さい。

今月のすくすく通信

~ 成長を喜び合う ~ 

 先日、理事会があり事業計画などをお伝えする場面で、今年度の職員園内研修のテーマ『保育ドキュメンテーションって何??』と質問がありました。
 保育活動の様子を視覚的に帳面や玄関の掲示板でお知らせしてる取り組みをお伝えすると、『それは、園の理念に合った取り組みだね!』と有難いお言葉をいただきました。
銀杏ヶ丘こども園の保育理念である『子どもの心に寄り添い、保育の輪を広げます』には
家庭と園とが相互に子どもの姿を共有し、一つ一つの成長を喜び合える存在でありたいという想いが込められています。
 
 子ども達が、集団生活を送りながら様々な体験を重ねていけるよう保育者は子ども一人一人の成長発達を促すために目標やねらいなどの保育計画を立て子どもの姿を観察しているので、かわいいい姿だけを写真におさめるのではなく、今の発達段階において身に付けることが出来た、ありのままの
子どもの姿を中心にお伝えしたいと思っています。
 “幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿”という成長のめやすとなる言葉があり、今の子どもの姿がどんな育ちにつながっていくのかを、保育ドキュメンテーションをとおして、保護者の皆さまにも分かりやすく伝えられるように発信していきます。
子どもが成長をみせてくれた瞬間育ちの芽生えがみえたエピソードなど、ご家庭と園とで伝え合いそれぞれの視点から見えてくる子どもの姿を合わせることで、より豊かな関りや最適な環境を整えることに繋がっていくと思いますので、お家でのお子さんのエピソードもぜひぜひ私達も聞かせてください。 (著:園長)

過去のすくすく通信(2022)

過去のすくすく通信(2021)

過去のすくすく通信(2020)

子育て支援mego mego 2021

☆一日保育体験☆

7月17日(土)
こども園の1、2歳児さんと一緒にお遊戯室で遊びました


お友達と一緒に季節の歌を歌ったりしながら朝の会にも参加しました♪
お遊戯室では、ままごとで料理をお友達と楽しんだり、たくさん体を動かしながら滑り台やカメさん遊具で遊んでいました

秋にも保育体験を予定してますので、参加お待ちしてます



過去のすくすく通信(2019)

社会福祉法人 緑会 
銀杏ヶ丘こども園
〒038-3141
青森県つがる市木造浮巣31-5
TEL:0173-42-6200
FAX:0173-42-6201

 
0
3
8
4
7
2
TOPへ戻る