本文へ移動

子育て支援megomego

子育て支援への想い


子どもの成長を共に喜び合い、発達の過程を伝え合うことで、
保護者の方々と子育ての楽しさを共有していきたいと思います。 
子育て支援のページが、 日々の子育てのヒントや
より良い未来への架け橋となりますように。

2022年度 子育て支援 megomego イベントのお知らせ

※ イベント内容が変更となる場合がありますので、気になるイベントがありましたら園までご連絡をお願いします。

2022年度 megomegoイベントお知らせ

子育て相談

 
 ●月・水・土 オープンスペース(園・園庭開放)
  午前 10:00~11:30(11:10頃までは園児と一緒に遊びの交流が出来ます)
  午後13:00~15:00 (午睡の時間帯ですがホールや園庭の遊具などで自由に遊べます)
 ●育児相談 平日 8:00~17:00
   随時 相談受付中 ℡0173-42-6200
   ●月1~2回 イベント開催(詳細は“今月のmego megoイベント”をご覧ください)
 ●一時預かり保育をご希望される方は、予めお問合せ下さい。

今月のすくすく通信

~ そだちの応援隊 ~ 

 新年度が始まり、早いもので1ヶ月が経とうとしています。
園庭には、タンポポやつくしが顔を出し、春の訪れを喜んでいるようです。登園時には子どもがタンポポや桜の花びらを大切そうに持ち、宝物を見せるように満面の笑みで保育者に近寄ったり、「お友達にプレゼントするんだ」と張り切っている姿も見られます。
 
 天気の良い日が続いていたある日、2歳児さんが園庭遊びを始めました。 ようやく思うように体をコントロールでき始める頃ですので、ただ外を走るだけで目がキラキラと輝いています。
そんな、2歳児さんの素敵なエピソードを担任保育者から教えてもらいました。
 
 2歳児の子どもにとっては遠い距離から、「せんせーい!せんせーい!」と言いながら保育者の方へかけてくるAちゃん。 保育者が “何事があったのか!” と近づいていくと、Aちゃんは「せんせい、たのしい!!」と伝えてくれたそうです。「その姿がとっても可愛らしかった」と保育者はその時のことを思い出しながら微笑んでいました。何ともホッコリするエピソードに職員で癒されました・・・。
 
 この時、Aちゃんは春のポカポカ陽気の中、のびのびと体を動かす心地よさを感じるとともに、その感情を ”楽しい“ という言葉で表現し、保育者と共有したいと思ったのですね。この姿から言語面や社会性の面でのそだちがみてとれます。子ども達は、日々の生活の中でいろいろなことを感じ、そして様々な刺激を受けながら吸収し、ぐんぐんと成長していきます。
 
私達保育者は、一人一人の子どもの姿から見えるそだちを保護者の皆様に、より分かりやすくお伝えしたいと思っております。その一つとして、園での一場面を写真で撮り、文章を添えてお伝えする取り組みを始めました。これまでも口頭やお帳面でお伝えしておりましたが、写真があることで言葉では伝えきれない微妙な雰囲気も伝わり、より生き生きとしたお子さまの姿がイメージできるのではないかと思います。毎日とまでは行きませんが・・・お帳面や玄関の掲示板で発信していきたいと思っています。
 
この ❝ 保育ドキュメンテーション ❞ を通して、ご家族間での交流やご家庭と園との交流がより深まり、
みんなで子ども達のそだちを応援していけるといいなぁ・・と願っています。 (著:江良)

過去のすくすく通信(2022)

過去のすくすく通信(2021)

過去のすくすく通信(2020)

子育て支援mego mego 2021

☆一日保育体験☆

7月17日(土)
こども園の1、2歳児さんと一緒にお遊戯室で遊びました


お友達と一緒に季節の歌を歌ったりしながら朝の会にも参加しました♪
お遊戯室では、ままごとで料理をお友達と楽しんだり、たくさん体を動かしながら滑り台やカメさん遊具で遊んでいました

秋にも保育体験を予定してますので、参加お待ちしてます



過去のすくすく通信(2019)

社会福祉法人 緑会 
銀杏ヶ丘こども園
〒038-3141
青森県つがる市木造浮巣31-5
TEL:0173-42-6200
FAX:0173-42-6201

 
0
3
7
8
1
9
TOPへ戻る