本文へ移動

子育て支援megomego

子育て支援への想い


子どもの成長を共に喜び合い、発達の過程を伝え合うことで、
保護者の方々と子育ての楽しさを共有していきたいと思います。 
子育て支援のページが、 日々の子育てのヒントや
より良い未来への架け橋となりますように。

mego mego news 2021

2021年度 子育て支援 megomego イベントのお知らせ

※ イベント内容が変更となる場合がありますので、気になるイベントがありましたら園までご連絡をお願いします。

子育て相談

 
 ●月・水・土 オープンスペース(園・園庭開放)
  午前 10:00~11:30(11:10頃までは園児と一緒に遊びの交流が出来ます)
  午後13:00~15:00 (午睡の時間帯ですがホールや園庭の遊具などで自由に遊べます)
 ●育児相談 平日 8:00~17:00
   随時 相談受付中 ℡0173-42-6200
   ●月1~2回 イベント開催(詳細は“今月のmego megoイベント”をご覧ください)
 ●一時預かり保育をご希望される方は、予めお問合せ下さい。

今月のすくすく通信

~ 保育者が心掛けていること ~

4月当初に泣いていた子や、途中入所で不安いっぱいで登園していた子も今では笑顔で声を出して走り回り、新しい環境で自分を表現するのが上手になってきました。
 入園したばかりの子の対応で私たち保育者が心掛けていることは、まずは愛情をたっぷり注ぐということ(*’ω’*) 『抱っこ~』と要求する子どもに両手を広げて抱き上げ“安心していいよ”と心が落ち着くまで対応にあたります。
 ごくごくあたりまえの接し方ですが、子どもにとって自分は愛されている・居ていい存在なんだと感じる心理的な安定となり、要求を受け入れてくれた大人を信頼しようとしてくれます。
 心が満たされた子どもは次の段階の欲求へと向かうことが出来るようになるので、まずは周りの保育者が愛情を持って関わることを一番最初の関りで大切にしています。
自ら、ズックを履いてみようとしたり友達の遊びに興味を示すなどの姿が見られてくると褒めたり自信を持たせる関りへと移行していきます。
幼児期にみられる欲求段階を“マズローの欲求”の図で保育に置き換えると。

① 愛情をもって養育されたいという生理的な欲求
② 自分が安心出来る環境が欲しい安全の欲求、親や保育者が
「安心基地」となり「この人がいると安心できる」と認識します。
  • それらが満たされた子どもは集団に所属したいという社会的欲求
  • 認められたいという承認の欲求を抱きつつ、
  • 幼児期にふさわしい自己実現へと向かいます。
 
 
集団の中で自分自身の力を発揮できるように、保育者は一人一人の発達段階に沿って欲求を受入れ、子どもの心に寄り添った保育を目指していきます。
何歳になっても『抱っこ~(#^.^#)』と照れながらも先生達に甘えてくれる子ども達。
でも5分も抱っこしないうちにお友達との遊びに気持ちが移り『じゃ~ね~』と去って行ってしまいます。 ちょっとの甘えを受け容れてもらえただけで安心と満足感で心の充電が完了し、集団へ向かって行ってしまいます。
もっと抱っこしてあげたいと思う時期はあっという間で、保育者にとっては少し寂しいような成長が嬉しいような・・・(*’ω’*)     
(著:園長)
 
 

過去のすくすく通信(2021)

過去のすくすく通信(2020)

子育て支援mego mego 2021

☆一日保育体験☆

7月17日(土)
こども園の1、2歳児さんと一緒にお遊戯室で遊びました


お友達と一緒に季節の歌を歌ったりしながら朝の会にも参加しました♪
お遊戯室では、ままごとで料理をお友達と楽しんだり、たくさん体を動かしながら滑り台やカメさん遊具で遊んでいました

秋にも保育体験を予定してますので、参加お待ちしてます



過去のすくすく通信(2019)

社会福祉法人 緑会 
銀杏ヶ丘こども園
〒038-3141
青森県つがる市木造浮巣31-5
TEL:0173-42-6200
FAX:0173-42-6201

 
0
3
4
4
2
1
TOPへ戻る